ぐりこの肉球

沖縄在住ぐりこのBlog

絶景✨イエローウォータークルーズ✨

SPONSORED LINK

f:id:komaki_mike9567126:20170928122610j:image

私が一番楽しみにしていたオプショナルツアー『イエローウォータークルーズ』⛴
今回このオーストラリア旅行を団体ツアーには申し込まず、レンタカーを借りての個人旅行にこだわったのは、このイエローウォータークルーズに理由があります❗️

 f:id:komaki_mike9567126:20170928123212j:image

カカドゥ国立公園の中でも最大級の大湿原をゆっくりと進む船に乗って、その湿地帯に生息する野生のワニ🐊や野鳥、綺麗な植物などを観察する事が出来るツアーです😊


1時間半コースと2時間コースがあり、私達が行った乾季は1日6回出航するらしいのですが、その中でも早朝ツアーが一番のオススメ💕で、次に夕方のツアーがオススメらしいのです

。早朝は動物達が1日の内で一番活気づいているんだそう‼️

f:id:komaki_mike9567126:20170928123850j:image

f:id:komaki_mike9567126:20170928124029j:image
そして何と言っても 朝陽と夕陽を眺めながらのクルージングは超絶景✨で感動モノとの事でした。

 

しかしダーウィンから出発のツアーでは、どうしてもお昼のクルージングにしか参加出来ない日帰り日程となっていて…💧

お昼は暑いので☀️動物達もぐったりしていて、観られる数も少ないそうなんです😥

せっかく行くならどうしても朝のクルージングに参加したくて調べてみると、個人で行くか、もしくは2、3日のキャンピングツアーしかありませんでした…。

 

f:id:komaki_mike9567126:20170928125207j:image

色々検索してみると、朝・夕のツアーを2つ申込むと夕方のツアー料金が安くなる特典があるのが分かり、また早朝のツアーを申し込んだ人はツアー後 ホテルでの朝食付き❗️となっていたのでこれはラッキー💕
頑張って個人で行くしかない😤とレンタカーとサンセットとサンライズの2つのクルーズを日本で予約して行く…という事になったのです‼️

 

f:id:komaki_mike9567126:20170928122902j:image

1日目の宿泊地になったクーインダ・ロッジ・カカドゥでは、船が停泊している桟橋までバスで送迎してくれますし、また一番近いホテルらしいのでクルージングを考えている方にはホントにオススメします😊

 

少しお部屋で休んだ後、まず夕方のクルーズに参加。

f:id:komaki_mike9567126:20170928125611j:image
出発は4時半🚣…2時間コースなので段々と沈む夕陽を見ながらのサンセットツアーです。

表現が貧しくて申し訳ないですが😅 生まれて初めて見るイエローウォーターの夕陽は目にしみるほど鮮やかで美しく、ウルウル😢してしまいました。
なんか 光の強さが違うと言うか…😵


そして翌日も早起きして同じコースの6時45分発の今度はサンライズツアー⛴

前日のオレンジ色の景色とは違い、朝は湿地帯全体にモヤがかかりまるで映画のワンシーンを観ているよう😍
幻想的で、湿地帯を目の前にしたとたん自然とワオ😵と声を出す観光客がたくさん。
私もオォーと声が出ちゃいました。

f:id:komaki_mike9567126:20170928130821j:image
同じコースでも目に映る景色は夕陽と朝陽では全然違った魅力があり、またあまりにどちらも綺麗過ぎてこの世のものとは思えない…というか😅

両方参加して私は良かったと思ってます‼️

f:id:komaki_mike9567126:20170928122949j:image

ツアー客は欧米人の方々ばかりで、アジア系は私達だけでしたが、満席なのにほとんど話し声は聞こえず、ガイドさんの説明に耳を傾けながら目の前に広がる絶景に ただただ見とれてしまう😍感じ…

普段の私の生活とはギャップがあり過ぎて、時々目がウルウルしてしまうくらいホントに夢心地な気分でした💕

f:id:komaki_mike9567126:20170928134044j:image
私の感想ばっかりでスミマセン💦💦 クルージングで出逢った動物達の話しも😆

 

イエローウォータークルーズ情報

http://pu.arukikata.co.jp/darwin2013_2/contents/kakadu_np/index2.html