ぐりこの肉球

沖縄在住ぐりこのBlog

オーストラリア2日目🦅ノーランジー・ロック

f:id:komaki_mike9567126:20171012080333p:image

感動のサンライズクルージングの後は、ホテルで朝食。

ブッフェスタイルの簡単な朝食ですが、他に何にもない所なのでとても助かります❗️

 

10時にホテルをチェックアウト。
この日はアボリジナルが描いた太古の壁画を見学する為に、まずノーランジー・ロックへ。

 f:id:komaki_mike9567126:20171012080528j:image

ロックと言うくらいなので多少の山登りは想像してましたが、思ったより岩山は小高く💧このジリジリとした暑さの中をホントに登れるか⁉️ちょっと不安になるほど暑くて😖💦

でもこの岩山には2万〜数千年前に描かれた壁画があるので、ここまで来たら頑張らなきゃ‼️と、首にタオルを巻き大きな水のペットボトル持参で黙々と登りました。

登ると言っても坂道をひたすら歩くだけなんですけどね😅😅😅

 f:id:komaki_mike9567126:20171012080609j:image

沖縄出身の私達でも暑くて大変だったので💧歩きやすい服装や履物はもちろんですが、帽子・サングラス・タオル・水は最低限準備して観に行って下さい。
とても重宝したのが、ボデイ シート💕
それもスーパークールとかアイスタイプの物が良いと思います😊

だいぶ汗もかくし、歩きながら首に巻いとくのもとってもオススメ‼️

 f:id:komaki_mike9567126:20171012080800j:image

f:id:komaki_mike9567126:20171012080846j:image

岩山に向かう途中々に壁画に出会います^ ^
テレビや雑誌に出てくる有名な壁画なので、あ〜見たことある‼️ って思う人も多いのでは?

f:id:komaki_mike9567126:20171012080956j:image
アボリジナルのアートってホントに独特ですね。
残念ながら 絵心の全くない私は😅語れるほどの物は何もありませんが💦 ただこの高い壁や岩の天井にどうやって描いたのか…それが一番不思議でした😵

 f:id:komaki_mike9567126:20171012081112p:image

登りきると遠目で見てた岩山が目の前に壁の様に現れます。
お天気もピーカン☀️なので、空の青さに岩山が映えて壮観です‼️

さかのぼる事2万年前からある風景なわけですから…地球の歴史を観てる感じですね。

f:id:komaki_mike9567126:20171012081209p:image

更に目の前の岩山に登るルートもありましたが、次の目的地までまた車で移動しなきゃいけないので、ノーランジー・ロックの観光はここで終了。
ちょっとバテ気味😆💦だった私はホッとしました(笑)

f:id:komaki_mike9567126:20171012081242p:image

イエローウォーターは動植物の楽園 🐊

f:id:komaki_mike9567126:20170928153650p:image

f:id:komaki_mike9567126:20170928204029p:image

湿地帯と言うより大きな川、といった印象で時々 鳥の鳴き声だけが響き渡る静かで壮大な湿地帯です😵

 

クルージングしていると、色んな種類の野鳥に出会えます❗️
ほとんどの鳥が私にとって、初めまして😊と挨拶したくなるくらい初めて出会う鳥達でした。
普段はメジロとかスズメとかハトくらいかな… ヤンバルクイナさえ私はまだ見たことないので(笑)

 

f:id:komaki_mike9567126:20170928153837j:image

日没前のこの日最後の狩りなのか⁉️
水面をジーっと見つめて黙々と魚捕りに励む水鳥から、大きな声を張り上げてずーっと鳴き続けるおしゃべりな鳥。

 

団体行動が好きそうなカモっぽい鳥があっちこっちからどんどん集まってきて群れをなして寝床へ帰って行く様子なんかは可愛くて可愛くて😍  まとまって寝るんだと、ガイトさんが言ってました。

 

f:id:komaki_mike9567126:20170928154054j:image

鷲でしょうか?

一番高い枝に止まり四方を見渡しながら獲物を探す姿は本当にカッコいい😆
観光船なんて全く眼中にない様子で完全無視でしたね(笑)

 

 f:id:komaki_mike9567126:20170928161534p:image

f:id:komaki_mike9567126:20170928204455p:image

船の方も邪魔にならないよう、驚かせないよう とても気を付けながらゆっくり進んでる感じがありますが、動物達もきっと慣れてるんだと思います⁉️
危害を加えられない事をちゃんと分かってるかの様に、近づいても慌てて逃げるとかそんなそぶりもなく、フツーにしていてくれるので こちらもゆったりした気分で写真を撮ったり眺めてたり出来るんですよ💕

f:id:komaki_mike9567126:20170928154739j:image

 

とても小さくて写真を撮るのが大変なのですが…💦  イエローウォータークルーズの看板鳥と言ってもいいでしょう‼️
蓮の葉の上をサササッと自由に歩き回る ジーザスバードと呼ばれる『トサカレンカク』がとっても可愛いです💕
頭にちょこんと赤いベレー帽をかぶった様な模様が特徴です。

聖書の中でイエス・キリストが海の上を歩く記述があるのですが、それに似ている事から付けられた名前だそうです^ ^

真ん中にいますが分かるかな???

f:id:komaki_mike9567126:20170928203542j:image

赤ちゃん鳥も四羽🐤見ましたが、親鳥がまず小さいので赤ちゃんはさらに小さくて。
可愛くて親子写真を‼️と思いカメラを向けましたが、赤ちゃんが何処に写ってるのか全くわからない😭😭😭
私が下手くそなのかカメラが悪いのか(笑)
ケータイでは限界がありますね💦 スミマセン…

ホントに可愛らしいので💕是非ツアーに参加して本物を見て欲しいです😊 

 

f:id:komaki_mike9567126:20170928154354j:image

あとこの鳥から地名が付いたと言う『ジャビルー』
ここで生息する唯一のコウノトリだそうです‼️
コウノトリも初めて見ましたが、意外と大きいんですね〜
見かけはペリカンに似てるな⁉️と思いました。
身体いっぱい朝陽☀️を浴びたいのか、真横に羽を伸ばして胸を張ったままジーッとしてるので、残念でしたが 動いてるジャビルーは1回も見てません😅

 

あとお約束の様に登場するワニ🐊 😅

f:id:komaki_mike9567126:20170928155244j:image
イリエワニがとにかくたくさんいて、船を走らせていくと右・左とここにも❗️あそこにも❗️と言った感じです😅

ワニも気持ちがいいのか⁉️目を閉じてじーっと日なたぼっこしてるのもいれば、餌探しなのか⁉️静かに水面から目だけ出してこちらをジーッと見てるものも…朝から怖い(笑)

f:id:komaki_mike9567126:20170928155319j:image

観光船には慣れっこなのでしょう⁉️
優雅に船と並走して泳いでくれるワニもいました。

ワニってあんなに巨体なのに魚のようにとても静かに泳ぎます。
近くまで来られても気配がしないので、もし川で泳いでたりしたら噛まれるまでホントに気付かないかも⁉️😱😱😱

f:id:komaki_mike9567126:20170928155350p:image

船の左斜め向こうに丸太の様な物が浮いてますが、これ泳いでるワニ🐊です😅

 

見る限りはゆったりと穏やかそうなのですが、イリエワニはかなりどう猛らしいので絶対に船から手を出してはいけません😖💦
ガイドさんが、噛まれた人がいる😱と注意してました💧
覚えてますか? ワニはジャンプしますよ💧

 

怖いけど野生のワニは貫禄があり見慣れてくると最後らへんにはカッコ良くさえ見えてました😅
素晴らしい景色にクロコダイル🐊…凄くマッチしています。

 

ミッドナイトクルーズもあるそうで、その時はワニが捕食してる場面が時々見られるとか⁉️
寝てるワニの上を水鳥達が歩き回ってる光景を何度か見ましたが、昼間は友達でも夜にはエサになるのか…と思うとちょっとゾゾッとしますね😆💦

 

f:id:komaki_mike9567126:20170928160218j:image
それからバッファローやワラビーも見られました‼️
黙々と草を食べてるバッファローの背中には鳥が止まってたりして、とても愛らしい風景💕

でも 近くにワニが…🐊

大丈夫なんですかね???😥

 f:id:komaki_mike9567126:20170928161125j:image

f:id:komaki_mike9567126:20170928161226p:image

カカドゥ国立公園はとても遠いですが、動物や自然が好きな方は難儀してでも行く価値はあると思います✨✨

イエローウォーターの景色は私の宝物になりました💕

絶景✨イエローウォータークルーズ✨

f:id:komaki_mike9567126:20170928122610j:image

私が一番楽しみにしていたオプショナルツアー『イエローウォータークルーズ』⛴
今回このオーストラリア旅行を団体ツアーには申し込まず、レンタカーを借りての個人旅行にこだわったのは、このイエローウォータークルーズに理由があります❗️

 f:id:komaki_mike9567126:20170928123212j:image

カカドゥ国立公園の中でも最大級の大湿原をゆっくりと進む船に乗って、その湿地帯に生息する野生のワニ🐊や野鳥、綺麗な植物などを観察する事が出来るツアーです😊


1時間半コースと2時間コースがあり、私達が行った乾季は1日6回出航するらしいのですが、その中でも早朝ツアーが一番のオススメ💕で、次に夕方のツアーがオススメらしいのです

。早朝は動物達が1日の内で一番活気づいているんだそう‼️

f:id:komaki_mike9567126:20170928123850j:image

f:id:komaki_mike9567126:20170928124029j:image
そして何と言っても 朝陽と夕陽を眺めながらのクルージングは超絶景✨で感動モノとの事でした。

 

しかしダーウィンから出発のツアーでは、どうしてもお昼のクルージングにしか参加出来ない日帰り日程となっていて…💧

お昼は暑いので☀️動物達もぐったりしていて、観られる数も少ないそうなんです😥

せっかく行くならどうしても朝のクルージングに参加したくて調べてみると、個人で行くか、もしくは2、3日のキャンピングツアーしかありませんでした…。

 

f:id:komaki_mike9567126:20170928125207j:image

色々検索してみると、朝・夕のツアーを2つ申込むと夕方のツアー料金が安くなる特典があるのが分かり、また早朝のツアーを申し込んだ人はツアー後 ホテルでの朝食付き❗️となっていたのでこれはラッキー💕
頑張って個人で行くしかない😤とレンタカーとサンセットとサンライズの2つのクルーズを日本で予約して行く…という事になったのです‼️

 

f:id:komaki_mike9567126:20170928122902j:image

1日目の宿泊地になったクーインダ・ロッジ・カカドゥでは、船が停泊している桟橋までバスで送迎してくれますし、また一番近いホテルらしいのでクルージングを考えている方にはホントにオススメします😊

 

少しお部屋で休んだ後、まず夕方のクルーズに参加。

f:id:komaki_mike9567126:20170928125611j:image
出発は4時半🚣…2時間コースなので段々と沈む夕陽を見ながらのサンセットツアーです。

表現が貧しくて申し訳ないですが😅 生まれて初めて見るイエローウォーターの夕陽は目にしみるほど鮮やかで美しく、ウルウル😢してしまいました。
なんか 光の強さが違うと言うか…😵


そして翌日も早起きして同じコースの6時45分発の今度はサンライズツアー⛴

前日のオレンジ色の景色とは違い、朝は湿地帯全体にモヤがかかりまるで映画のワンシーンを観ているよう😍
幻想的で、湿地帯を目の前にしたとたん自然とワオ😵と声を出す観光客がたくさん。
私もオォーと声が出ちゃいました。

f:id:komaki_mike9567126:20170928130821j:image
同じコースでも目に映る景色は夕陽と朝陽では全然違った魅力があり、またあまりにどちらも綺麗過ぎてこの世のものとは思えない…というか😅

両方参加して私は良かったと思ってます‼️

f:id:komaki_mike9567126:20170928122949j:image

ツアー客は欧米人の方々ばかりで、アジア系は私達だけでしたが、満席なのにほとんど話し声は聞こえず、ガイドさんの説明に耳を傾けながら目の前に広がる絶景に ただただ見とれてしまう😍感じ…

普段の私の生活とはギャップがあり過ぎて、時々目がウルウルしてしまうくらいホントに夢心地な気分でした💕

f:id:komaki_mike9567126:20170928134044j:image
私の感想ばっかりでスミマセン💦💦 クルージングで出逢った動物達の話しも😆

 

イエローウォータークルーズ情報

http://pu.arukikata.co.jp/darwin2013_2/contents/kakadu_np/index2.html